お菓子を持っている女性

コンビニを経営する

レジ打ちをする

土地を所有していて活用が出来ていない場合は、コンビニのフランチャイズ契約をするといいでしょう。中でもミニストップでは地域密着型の経営を目指しているため、契約しやすいと言えるでしょう。

Read more

デイサービスを経営する

レジ

コンビニエンスで有名なフランチャイズはデイサービスにおいても近年登場しつつあり、高齢化が進みつつある日本では常に市場的価値があるため活用のし方によれば比較的容易に経営できるメリットが有ります。

Read more

カフェ開業を目指す

日曜雑貨コーナー

カフェを開業したいという夢を持っている方は多いでしょう。時代とともに変化はありますが多種多様なカフェが登場していることからある、ある程度の独自性と営業腕があればカフェ開業も夢ではありません。

Read more

医院経営の変化

対面の食品コーナー(右が冷蔵)

以前は社会保険事務局で行われた医院の開業手続きも、今では象徴の再編によって多くの機関に出向かなければいけません。時代の変化は、手続きだけでなく医院経営にも大きな変化をもたらしています。

Read more

自治体に相談

対面の食品コーナー奥に飲み物

企業から病院まで様々な施設を開業する際に相談すべきなのが自治体です。自治体では様々な事業の開業支援を行っているので、開業費用のいくらかを負担してもらうことも可能です。

Read more

人気のコンビニ経営

品数が減っているコーナー

イチから歯科医院の経営を学びたいのであれば、セミナーに参加しましょう。ここのサイトでは、コンサルやセミナーを行なっています。

駅から近いところに物件を借りることが出来るかもしれないです。開業支援は大阪で受けることが可能です。初めての方は非常に助かります。

自分のお店を持とうと考える時、完全にオリジナルのお店にするのか、それともフランチャイズに契約するかは重要な問題です。フランチャイズは本部の看板とノウハウをそのまま使うことができるので、最初から安定した売り上げをあげられるという利点があります。しかし、ロイヤリティーを支払わなければならないので、儲けを全て自分のものにすることができません。どちらが有利なのかは、業種にもよります。もし、コンビニエンスストアを新しく経営しようと考えるなら、明らかにフランチャイズの方が有利です。また、ほとんどのコンビニエンスストアはフランチャイズシステムによって運営されています。ファストフードの加工販売とイートインで有名なミニストップも多くがフランチャイズシステムによる運営です。

ミニストップでフランチャイズ契約を結ぶ場合、契約タイプは1つではありません。それぞれのライフスタイルに合った異なる契約方法が用意されています。まず、土地や建物をオーナー側が負担するか、ミニストップ側が負担するかで、売上総利益高に対するロイヤリティが変わってきます。もちろん、オーナー側が土地や建物を負担する場合の方が、ロイヤリティは少なく済みます。また、家族運営かそうでないかによっても、プランが変わってきます。どちらにしろ、ミニストップの場合は、オーナーが土地や建物の負担をすれば、本部に払う金額が少なくすみ、将来的に大きな利益を得る事ができるということです。土地を持て余している場合の有効活用としても、ミニストップのフランチャイズ契約は効果的です。

経営者は孤独ですので、相談できる相手を見つけておきましょう。美容室の開業を検討している方は要チェックですよ。

インドネシア進出支援に興味がありますか?それならココに依頼してみましょう。現地法人設立の申請サポートを行ないます。