お菓子を持っている女性

デイサービスを経営する

レジ

少子高齢化が進む日本では、高齢者対策として介護保険制度が2000年から始まっています。介護保険では支援や介護の度合いに応じてサービスの金額や利用できる時間帯が決められていますが、自宅で生活している高齢者が施設に出向いて入浴や食事などのサービスを受けられるのがデイサービスです。 自宅で生活している高齢者の場合、体が不自由になったりすると家に閉じこもりがちになり、社会との関わりが少なくなる人も多くいます。そのような環境が認知症を進行させてしまうこともありますし、家族が一緒に住んでいる場合は家族にも負担がかかってしまいます。 デイサービスに通うことで他の高齢者や職員など社会との関わりも増えますし、介護者の負担も減らすことができます。

現在ではフランチャイズ展開をして店舗を増やしている業種が多くあります。 フランチャイズとは、事業主と契約を結ぶことによってその事業主のブランド名や経営方法などをそのまま使用し経営できるというもので、コンビニエンスストアなどが代表的です。 現在では、デイサービスや高齢者施設など介護業種においてもフランチャイズ展開している事業者が増えてきています。 介護事業を行う上では様々な基準を満たす必要があったり、手続きが必要になりますが、フランチャイズに加盟すると開業までのサポートをしてくれるというメリットもあります。 日本の高齢化は今後もますます進んでいくことが予想されているため、これからもデイサービスなどを利用する高齢者は増加するものと考えられます。