お菓子を持っている女性

医院経営の変化

対面の食品コーナー(右が冷蔵)

かつて医院を始め病院等の開業の届け出先は、旧社会保険事務局でした。 社会保険事務局では年金関係の手続きの統括の他に、こうした医院の開業届出なども受け付けをしていたところです。 しかしながら、いわゆる年金記録の問題等により社会保険庁の解体されることとなり、医療関係の届け出は厚生労働省へ、年金関係は日本年金機構へと分かれることとなりました。 旧社会保険庁解体後は、医院の開業届出については、その地域にある厚生労働省の出先事務所へと届け出ることとなり、医院開業における許認可は厚生労働省がすべて所管するという流れとなりました。この流れが出来上がったのが平成19年ごろとされており、それほど昔の話ではありません。

医院の開業の今後の予測に関しては、特に景気の部分で考えると中々大変な所も多くてその辺りに関しては、しっかりと要点を考えながら医院の開業を行う事が重要となります。 しかしながら、開業前の医師としてのキャリアなどは、病院で雇われていた事で色々な経験を踏む事が出来る事から、やはり開業での医院の仕事をしっかりと行っている事を考えると、今度は経営者としての考え方も必要となります。 経営を成り立たせる事では、やはり医師としての腕も必要ではありますが、医院を安定させて行く為の利益を求めていく姿勢も開業を行った医師にとっては必要不可欠な考え方となっていく様です。 その事で医院の開業を行った所で安定させる事が素早く求められる状況となります。